Debate

こんにちは!!

東京大学E.S.S.ディベートセクションチーフの船越圭太です。

僕たちディベートセクションの取り組むアカデミックディベートについて紹介したいと思います。

1.ディベートって?

ディベートとは、与えられた論題に対して、肯定側と否定側に分かれて第三者(ジャッジ)を論理的に説得するゲームです。

2.ディベートの魅力

A:身に付く能力

①論理力:議論を一から自分たちの手で創り上げていくので,緻密な論理を積み重ねる・追っていく,強靭な論理力が身に付きます。

②リスニング能力:相手の話をしっかり理解して反論する必要があるため,「相手の真意を理解する」という,本物のリスニング力が身に付きます。

③スピーチ能力:自分の議論をジャッジに伝える必要があるため,わかりやすいスピーチ能力が身に付きます。

④ライティング能力:自分たちで,ジャッジに伝わりやすいように,日本語のエビデンスを英訳していくので,正確なライティング能力が身に付きます。

→総合的で実用的な英語力が身に付く。しかも、むちゃくちゃ頭良くなれる!! 最高やとおもいませんか?????

B:周りから得られるもの

一つのテーマについて,セクション全体で勝利を目指す為,強い絆で結ばれた仲間を得る事が出来ます。また,大会で何度も会う為に,他大とも広く深い交流を結ぶ事ができます。更に、OBの大半は外資系や国家公務員など、世間的にハイステータスとされる職場に就職しています。みなさん「ディベートは社会に出ても役立つ」とおっしゃいています。

4/115/9に体験練習会を、6月には上智大学と合同でExchange Debateという大会を行う予定です。ディベートは決して,難しいものではなく、やり方、形式さえ覚えれば誰にでも楽しめるものです。皆さんの参加お待ちしています!