About

・沿革 ・役員 ・会則 ※クリックするとその項目に移動します。

沿革

東京大学ESS(English Speaking Society)は、第二次大戦後、日米の大学間・政府間・民間の交流・協議が飛躍的に増大し始めたことを背景に、1947(昭和22)年、時の南原繁総長のリーダーシップにより創設されました。 1945(昭和20)年12月に東大総長に就任した南原総長は、21年に入ると、学内での米国人Instructorによる英語研修会活動を支援しました。更に、学生による英語を通じた知的交流を重視し、研修会に参加した校友を中心に上がった「ESSを作ろうではないか」という声に呼応して、総長から岸本英夫教授(東大文学部教授、戦前ハーバード大学に留学、のちに図書館長を歴任)にアドバイザー役を依頼し、ESS創部を積極的に指導しました。 ESSは、1947(昭和22)年卒を第1期生として、2016(平成28)年卒の第69期生に至るまで(東大紛争による入試の中止で1973(昭和48)年卒はなし)、OB・OG会員累計で2400名を数え、卒業生は国内外の幅広い分野で活躍しています。 1967(昭和42)年にはOB会が正式に発足、2010(平成22)年にはOB・OG会として会則が制定されました。 2017(平成29)年にはESS創部70周年、OB・OG会設立50周年を迎えます。 現在、会員相互の親睦・理解を深め、東京大学ESSとの継続的な関係を促進することを目指して、様々な活動を行っています。

役員

東京大学ESS 同窓会役員 (役員会は会長、副会長、監事、理事から構成されます。)
会長
江川 雅子 (S55) (第33期)
副会長
西  正典 (S53) (第31期) 鶴田 靖人 (S55) (第33期)
田中 雅子 (S56) (第34期) 平谷 浩三 (S56) (第34期)
藤岡 宏嗣 (H9)  (第50期) 古屋 建自 (H9)  (第50期) 
田中 謙司 (H10) (第51期) 木月 洋介 (H15) (第56期) 
小橋 一隆 (H16) (第57期) 仲村 俊文 (H17) (第58期) 
石本 俊輔 (H20) (第61期)
監事
前澤 綾子 (H11) (第52期)
顧問
橋本  徹 (S33) (第11期) 文野千年男 (S42) (第20期)
難波 克彦 (S43) (第21期) (敬称略)
理事(数字は卒業期)
1~7. 池部  健  40. 小林 博之
8~9. 藤原 宣夫  41. 小熊 康弘
10. 黒河内 康  42. 若月雄一郎
11. 橋本  徹  43. 田村 謙治
      長谷川和年  44. 鈴木 隆浩
12. 麻生  力  45. 定光 裕樹
      清水 和明  46. 平谷 浩三
13. 田中 芳徳  47. 座古  保
14. 林  忠正  48. 飯村 隆太
15. 村田 光平            中出 元樹
16. 植松 英明  49. 小澤 研也
17. 吉川 精一  50. 坂本 弘毅
18. 香川  武  51. 田中 謙司
19. 平木 俊一  52. 前澤 綾子
20. 文野千年男  53. 坂東 信尚
21. 難波 克彦  54. 坂田 恭弘
      片山 幸彦  55. 大亦  壮
22. 前田 忠昭  56. 植松 由登
23. 薦田 隆成  57. 篠原  純
24. 玉井 哲雄  58. 田中 健人
25. 手島 幹雄  59. 鷲見 和昭
26. 藤本  進  60. 和田 勝章
27. 小林 正樹  61. 石本 俊輔
28. 秋葉 重雄  62. 村田祥太郎
29. 沼波  正  63. 米田 詩織
30. 酒井 重人  64. 北村 勇人
      梅本  守  65. 工藤 春薫
31. 西  正典  66. 芝本絵理香
32. 谷口 浩子  67. 荒木 英恵
33. 三塚 典子  68. 玉生あみ香
34. 田中 雅子  69. 鎌田みどり
35. 荒木 一郎            秦  昂大
36. 玉井 克哉  70. 高瀬  寛
37. 内田  薫            菅原 拓也
38. 野神 光弘            小野田美郷
39. 前田 真男 (敬称略)
現役幹事
太田 力文 (正幹事) (第72期)
川崎 拓海 (副幹事) (第72期)
二又 葉音 (会 計) (第72期)  

会則

(名称)
1.本会は、東京大学ESS同窓会と称し、英文をAlumni Association of the University of Tokyo English Speaking Societyと称する。
(目的)
2.本会は、会員相互の親睦と理解を深めると共に、東京大学ESSとの継続的関係を促進することを目的とする。
(会員)
3.本会の会員は、原則として東京大学ESS在籍者の学部卒業生とする。
(事業)
4.本会は次の事業を行う。
(1)  会員相互の親睦と交流を深めるための活動
(2)  東京大学ESSの活動に対する支援
(3)  東京大学との継続的関係の維持・促進
(総会)
5.総会は毎年1回開催する。その他役員会で必要と認めたときには、臨時総会を開催することができる。
6.総会では次の事項を行う。
(1)  事業報告、収支予算、決算の承認
(2)  役員の選出
(3)  会則の変更
(4)  その他本会運営のための重要事項の議決
7.議決は出席会員の過半数をもって成立する。
(役員会)
8.本会は以下の役員を置く。 会長1名、副会長若干名、監事1名、各年次ごとに互選の理事若干名を置く。
9.任期は2年とし、役員の再任は妨げない。
10.本会は必要に応じ、名誉会長その他の役員を置くことができる。 11.役員会は必要に応じ随時開催する。
12.議決は出席役員の過半数をもって成立する。
(顧問)
13.本会に顧問を置くことができる。 顧問は、本会に功労のあった者の内から役員会の議を経て、会長が委嘱する。 顧問は、本会の運営に関して会長の諮問に応じる。
(事務局)
14.本会は、事務局を東京大学ESS内に置く。 事務局は総会議事録、役員会議事録、会計帳簿等を保管する。
(会計)
15.本会の運営資金は、会費および寄付その他諸収入をもってこれにあてる。本会の会計年度は4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
(年会費)
16.年会費の金額は以下によって決める。
若年会員(当該会計年度の4月1日において,満30歳未満の会員)は3,000円、それ以外のものは5,000円とする。但し満65歳以上の会員については50,000円、70歳以上の会員については30,000円を終身会員となるべく一括して払うことができ、この場合は以後年会費を支払わないことができる。以上
2017年7月8日改定